現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析

スポンサーリンク

オススメ人気記事

クラス一丸となって糞教師に復讐…

200: 本当にあった怖い名無し 2011/12/17(土) 18:07:21.11 ID:y4GKdiCt0
オカルト関係ないけど投下。スレチだったらごめん

中学時代の副担任A(3年時)がものすごいクズだった。
気に入ってる子への贔屓・気に入らない子には陰湿な嫌がらせ、可愛い女生徒にはセクハラ・猥褻行為…というテンプレのようなクズ。
さらにうちの中学校は軽い身体障害持ちの子が結構いたんだけど(目とか耳とかの)、その子たちにも酷い嫌がらせをしてた。
妙な言いがかりをつけて「罰だ」と、目の悪い子や耳の悪い子を、その先生の授業の時だけ一番後ろの席に無理やり行かせたり、
黒板に対して後ろ向きで授業受けさせたり…言うこと聞かないと内申悪くするとか脅した上でやってたからホントにタチ悪かった。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


【復讐】こういうとき女同士って本当に空気を読むwww

99: 本当にあった怖い名無し 2011/12/09(金) 23:47:23.68 ID:8tJzV0WmO
他人を見下してるのが露骨なA子。
訳あって縁を切れずにいて、そいつの結婚式に呼ばれた。
結婚式の報告も「私に恥かかせないでね」と言われ、
結婚式当日も上から下までなめるように見られ、
「子は57点、△子は72点、あんたは、う~ん65点ってところかな。
あっそうそう彼の親戚も来てるから私に恥かかせないでね。」と言い捨てった。
子さんと△子さんとは初対面なのに、
一緒くたに暴言だけ吐かれて放置。
お互い唖然としてたが、軽い自己紹介をし、三人でお手洗いにいった。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


とにかく嘘を平気でつく夫(しかも本人に自覚なし)

310: 名無しさん@HOME 2012/04/08(日) 16:24:18.46 I
結婚前から義実家は複雑な事情を抱えた家だから関わりたくないと思っていた。
ただ、夫の「俺もあの家嫌いだから。挨拶だけして、関わらなくていい。」との言葉を鵜呑みにして結婚。
義実家にさえ気をつけていれば大丈夫だろうと思っていた。

しかし当然甘かった……。
盆暮れ正月は騙して帰省に付き合わされるし、
義実家の複雑な事情も、よくよく聞けば初めに聞いてた何倍もひどい。
さらには、夫の会社の人たちと会う機会があり、夫が会社で私について嘘ばかり吹聴していることが発覚。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


同居の素晴らしさを延々と語るトメに…話のネタにされていたトメ知人がスカッとする一言!

526: 名無しさん@HOME 2009/06/12(金) 11:06:02 0
トメに旅行のお土産を取りに来て、と言われ、行って来ました(車で10分程度)。
もちろんそれは口実で、トメは同居コールをしたいだけ。
行ったら、ご近所だという知らないおばさんがトメとお茶を飲んでいた。
お互いに挨拶を済ませたとたんに
「ねえねえ、○さん、こちら×さんって言ってね、そこにお住みなんだけどね、
今年からおうちをリフォームして息子さん一家とお住まいなんですって~。
いいわよねえ、あなたは幸せだわ~、やっぱりそれでこそ息子を産んだ甲斐が
あったってものよね~、ご立派な息子さんでうらやましいわ~」
などと畳み掛けてきた。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


「夫君の子供じゃなかったんでしょ死んで当然」←三つ子コウトが揃ってスカッとする一言!

329: 1/2 2009/05/30(土) 03:03:49 O
うちは元々結婚予定でお互い相手の親に挨拶してた。
でも妊娠したことが分かり急遽予定を繰り上げて入籍、
お金がたまっていなかったこともあり同居した。

予定より早い入籍と妊娠だったけど、
旦那もウトメもコウト(三つ子・当時高校生)も大喜びしてくれた。
でも、残念ながら生んであげられなかった。

それからも特に問題なく同居してたんだが、
一年後くらいに離婚したウト妹も同居するようになって変わった。
とにかく嫌みが多い。特に好きなのが
・すぐに妊娠するなんてアバズレ女
・どうせ子供も夫君の子供じゃなかったんでしょ死んで当然
・あんたなんかお情けで置いてもらってるだけ
・さっさと出ていきなさいよ穀潰し


ウトの妹さんだし、問題大きくしたくないし…とじっと耐えてた。
でもある日また嫌みが始まり、よっぽど機嫌が悪かったのか、
両腕がっちり掴まれて延々聞かされ、泣き出してもやめてくれなかった。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む