現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析

スポンサーリンク

オススメ人気記事

キチ子「ママ~(かっぱらうなら)あの赤いDSが良かった~」キチママ「まかせなさい!今から盗ってくるわ」

684: 名無しの心子知らず: 2012/02/02(木) 14:29:18.63 ID:hgTxqnur
大した話じゃないし修羅場でもないけど解決済の話。

私と彼男が映画館で時間待ちで、お揃いのマリオのDSLLで対戦していた時の事。
推定130㎝位の女の子(言葉もしっかり話せるし多分小学2~3年じゃないかな)が
マリオのDSLLを見て、「ママ~あの赤いDSが良かった~」とキチガイババアに話しかけてた。
そうしたら、キチガイババアがバッグの中からDSliteの水色を取り出して
私の耳をひっぱり交換を要求してきた。

耳が痛くて手が緩んだ隙に、女の子がDSLLひったくる。
彼男がDSLLを女の子からひったくり返す。
女の子が泣く。
キチガイババアは私の耳を引っ張り、無理やり立たされ蹴りを何発か入れられた。
家のヒナを泣かせやがって!って発狂してるんだけど、こっちは耳から血が出てるし
腹は蹴られるし。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

  スポンサードリンク

タグ: キチママ

女児が転ぶのを目撃、よく見ると棒付き飴が喉に引っかかってる・・・

16: 名無しの心子知らず: 2011/12/22(木) 14:18:43.62 ID:vRhUvQde
痛々しい表現アリ・・・
一昨日、SC内で息子と大きなクリスマスツリーを眺めていた。
近くで3~4歳の女児2人が走り回っていた。2人とも棒つき飴をくわえたまま。
親は見当たらず、走らないよう注意するも全く聞いてない。
状況が怖いだけに、なるべく息子を近づけないように注意していた。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: キチママ

「あのね、わたし、あなたに○年前に言われた一言がずーーーっと今の今まで気になってるの!」

85: 名無しの心子知らず: 2012/01/17(火) 14:27:45.70 ID:93zNJHU6
それじゃ、ちょっと書いてみます。
もしかして、基地に入らなかったらごめんなさい。

数年前の夏の事です。
その日はたしか子供が半日授業の日。
午前中に突然ピンポーンと来訪者。
2番目の子と同年のAママでした。

突然「あのね、わたし、あなたに○年前に言われた一言がずーーーっと今の今まで気になってるの!」と。

申し訳ないのですが、このA母とは仲良くもなく、会話も挨拶程度。
そんななのに何か言いましたっけ?!って驚きました。

よくよく聞いてみると、少し話したのを思い出しました。

この記事の続きを読む

タグ: キチママ

パソコンの訓練校に通ってるんだが、キチママのせいで授業が進まない

649: 名無しの心子知らず: 2012/02/01(水) 17:35:03.96 ID:VL/XeNYP
まとめブログ読んで、自分が被害受けたわけじゃないけど、おばさんキチママを思い出したので投下。

自分は当時パソコンの訓練校に通ってた。
そこに生徒としていたおばさんが、本気でキチママだった。
年とってるから物覚え悪いのはしょうがないんだけど、プライド高いせいか、態度がとにかく悪い。
講師にマウス投げたり、物覚えが良い他の受講生にキレたり、授業中にため息や舌打ちしたりする。
なのに、隣にいる若い男や私には、「○○ちゃ~ん教えて~ん」とか愛想ふりまく。
容姿はドムみたいなのに、自分は昔美人で~、とか誰も聴いてないこと話したりもしてるし、見たくもない

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


私「(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャー!!(ノ゚∀゚)ノアーハハハハハー!!\(゚∀゚\)」 泥「ギャーっ!!たたた、助けてー!!」

77: 名無しの心子知らず: 2011/08/05(金) 15:52:13.33 ID:MlRqJhU9
流れなど読まない。
修羅場スレに書こうかと思ったけど、こっちに投下。夏が来るたび思い出す泥ママ。
当時私は実家住まい。田舎で近所付き合いも盛んな所だった。
夏には家族旅行に行くのが恒例行事なんだけど、その際にはお隣さんに『留守にするので宜しく』と挨拶するくらいだった。
(後でお土産を渡す。旅行中に荷物とか届いたら受け取ってもらったり、犬に餌やってもらったりしていた。)

その年もいつもの通りお隣さんに一言言ってから旅行へ出かけたんだけど、途中で忘れ物に気が付いて家に戻った。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: