現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析
スポンサードリンク
オススメ人気記事

【泥ママ】切迫流産してしまった我が子を小さな箱に入れ、綺麗な風呂敷で包み抱き締めていたら・・・

179: 名無しの心子知らず 2013/09/25(水) 15:44:20 ID:60Cdbz3b
かなり胸糞悪く悲しい泥棒被害にあいました。

初夏の頃妊娠6か月になりウキウキ妊婦ライフをしていた頃、
夜半にお腹が痛くなり切迫流産してしまいました。
そこに至るまでには5日ありましたが省略。

出産翌日冷たい我が子を小さな箱に入れ、綺麗な風呂敷で包み退院しました。
貧血でふらつくため旦那が車もってくるまで待合室で座っていたとき泥ママと遭遇
大切な初めての子には代わりなくずっと抱き締めてました。
その包みを突然がしっと引っ張られ、咄嗟に踞るように包みにしがみつきました。
「泥棒、はなせ!これはうちの息子のお見舞いだ。はなせ!」
と叫び泥ママはなおも引っ張ります。

この記事の続きを読む


子連れで自転車に乗って10kgのエコバッグをひったくり転倒した泥ママ「子供が怪我したんですよ?!治療費寄越せ!」

407: 名無しの心子知らず 2013/08/27(火) 14:09:31 ID:CNFYD8+W
さっき
自転車に乗った女に、肩から提げてた米10kgとキャベツ一玉入りのエコバッグひったくられかけたんだけど
重かったせいか自転車転倒。
前に乗ってた子供は自転車から放り出される感じで落ちた。

「子供が怪我したんですよ?!謝って下さい!」
だの
「治療費寄越せ!」
だの訳のわからない事を喚いてた。

「分かりました。じゃあお巡りさん呼びますね。」
って言ったら、なんか訳の分からないくらいキンキンな声で喚きながら、自転車押して去っていった。

子供は3歳くらいの子なんだけど、顔とか膝とか擦りむいてるのに無表情なのが少し気になった。

自転車押して帰っていく母親の後を黙って追ってたけど。

この記事の続きを読む

タグ: 乗り物 怪我

いつもは大人しい犬が豹変!?その理由は・・・

675: 名無しさん@HOME 2012/09/01(土) 00:00:39.74 0
三軒並びの住宅街で、うちが1で核家族、隣が2でお爺さんの独居、3が大家族のお宅。
3のお宅は犬を飼ってるんだけど、たまに雷の時に遠吠えしたり花火の時に吠える位の大人しい犬。
うちのトマトとゴーヤが豊作だったので、2と3のお宅にお裾分けに行った。
2はお留守だったので、3のお宅に行って世間話をしていたら珍しく犬が吠えた。

この記事の続きを読む


【泣ける修羅場】イジメに遭っていた兄の嘘「もう弁当はいいよ、これからは彼女に作ってもらえることになったから」

664: 名無しさん@HOME 2011/07/21(木) 20:02:44.01 0
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた)
ずっと雇われでやっていました。
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

そんな母を尊敬していたし恥ずかしいと思うことはなかったんだけど
兄が中学生になってからお弁当という問題に直面した。
遠足なんかのときは母もはりきって作ってくれてたんだけどさすがに毎日は難しい。
兄と弟と私とでなんとかがんばって、
・米を炊く
・たまごを焼く(スクランブルエッグ的ぐちゃぐちゃ)
・ウインナーをチン
・プチトマト、きゅうり
という体裁だけでもなんとか整えられるようになりました。

この記事の続きを読む


【修羅場】ホストと付き合った結果・・・

464: 1/2 2009/09/25(金) 18:40:13 ID:H5zIftTt0
ふと思い出した昔のプチ修羅場を投下。

私子:当時19歳、短大生。
友子:当時19歳、短大の同期。
彼男:当時26歳、ホスト、金持ちのぼんぼん。イケメン。
客子:彼男の客、多分20代後半くらい。

彼男は私子の友人兄の友達で、猛烈にアピられて付き合った。
修羅場当時は付き合いだして1ヶ月くらい。
彼男がホストなのは知っていたが、特に問題には思っていなかった。

ある日、学校帰りにバス停でバスを友子と待っていると知らない女(客子)に
「ねえ、ちょっと」と声をかけられた。

この記事の続きを読む