94: 本当にあった怖い名無し 2009/06/17(水) 23:08:05 ID:fnlDILYdO
流れを豚切って投下。携帯からスマソ


昔うちの父親が亡くなった時の話。

【前提】
当時、父は実家に一人暮らし。十二月の初めに他界。

私は同じ市内のアパート住まい、姉はずっと前に東京で結婚。
葬儀には夫婦揃って来てくれたが、義兄は生前の父とは面識が
なく、遺影で初のご対面。










【本題】
葬儀の後、四十九日まで遺骨を動かしてはいけないと教わったので、
昼夜働いていた私は時々実家に立ち寄って線香を上げていた。

数日後、留守番電話に姉から、
「すぐに連絡よこせ」とのメッセージが。
なんじゃい、忘れ物か?と思いつつ電話してみると、
姉「あんた、お父さんのお骨どうした?」
私「え、実家にあるけど」
姉「お骨、あんたん家に持ってった方がいいよ」
私「なんで?だって納骨までは動かしちゃいけないんでしょ」

よくよく話を聞くと、前の晩に義兄の夢枕に父が立ったらしい。

95: 本当にあった怖い名無し 2009/06/17(水) 23:09:25 ID:fnlDILYdO
続き

父曰く、
『寒くてかなわんから、アパートに連れて行ってくれるよう
娘に伝えてくれ』

こちらでは十二月ともなれば気温は日中でもマイナスがデフォ。
火の気のない家の中は下手すりゃ外と変わらない気温なので、
父の訴えもあながち的はずれではないのだが……

義兄がなぜ直接娘達に言わないのか、と問うと、

父『あいつら二人ともガーガー寝てて気づいてくれない』



……零感娘で悪うござんした。
ちなみに、それだけでは信憑性が薄いと思ったのか、
『赤い花は嫌いだからやめてくれ』
との伝言も。
確かに祭壇には花が飾ってあるが、赤い花なんてあったっけ?
と半信半疑で実家へ向かった私。


遺骨や位牌を引き上げる傍ら、何気に花籠を確認すると…


そこには紫色の蘭の花が。

父よ、これは赤い花ちゃうよ…

96: 本当にあった怖い名無し 2009/06/17(水) 23:20:00 ID:PJ1hYdlF0
お父さん、息子が出来たみたいでうれしくて
義兄とほんとは一杯飲みたかったとかw

98: 本当にあった怖い名無し 2009/06/17(水) 23:25:03 ID:hJkph2wz0
>>96
そう考えると、笑えない切ない話だな・・・

99: 本当にあった怖い名無し 2009/06/17(水) 23:29:08 ID:fnlDILYdO
>>96
あーそれはあるかも。
父は男の子が欲しくて、私が小さい頃は頭を丸刈りにして男物の服
着せてキャンプだ釣りだと連れ歩いてたし。
義兄は父とは葬儀の時が初対面だったから、
夢の中で初めて挨拶した!って焦ってたらしい。
その後姉夫婦とは縁が切れたので、
今でも夢で義兄に会いに行っているのかどうかは知らんがw

元スレ:【全米が】なんか笑える霊体験11【テラワロス】
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1244697225/