※リンクは記事の投稿が完了次第、繋がるようになっております
関連記事:【1/4】・【2/4】・【3/4】・【4/4

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:34:14.09 ID:+LKYTCjz0
寝なくちゃいけないのに!!寝なくちゃいけないのに!!
早く続きおおおおおおお!!!!!

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:36:14.54 ID:4QDc0c6v0
俺は次の日曜から家庭教師のバイトを休むようになった。
『転職先を見つけるため忙しくなる』とユウには言った。
ユウに会うことが出来なかった。気持ち的に。


スポンサードリンク




スポンサードリンク


事実、仕事先を見つける動きもみせていた。
そろそろ貯金もやばい・・。
しかしそうはいってもやっぱり探すだけで応募しようとはしなかった家で引きこもることが多くなった。
相も変わらず付き合っていた彼女とは数回会うだけ。
会ってもお互いの笑顔も減った。
セイ欲なんてのも彼女に対してわかず飯を食っては帰っていくだけ。
「仕事は順調?」といわれても「まぁ」と答えるだけ。
そんな感じでgdgdと過ごして年度も変わり桜も散った五月。
ユウがちょっと時間を作ってくれとメールで寄越してきた。
俺は渋々承諾した。
駅近くの喫茶店で待ち合わせをした。

227: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:40:34.45 ID:4QDc0c6v0
「せんせ」
ユウはいつも俺より早く到着している。
「どうしたの?」
「しんろのことてそうたんがあるの」
ユウがそう言うと近くに座っていた他の客が数名俺達の方を見るのが分かった。
「だいがくに、すすむのか?」
「よねんせいはむり」
「どうして?」
「はやくしゅうしょくしておかあさんをらくに」
就職・・。痛い響きだった。
それ以上に気になったのが周りの視線。
構わず続けた。

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:41:16.48 ID:4QDc0c6v0
「たんき?」
ユウは頷く。
「どんなしごとに、つきたい?」
「えいご」
「えいご?」
「かいがいえほんのほんやくかに・・」
俺はユウの話を最後まで聞かずに立ち上がった。
俺の正面の席のカップルがコソコソとこちらを見ながら話していたのだ。
驚くユウの手を取りカップルに向かっていった。
「見てんじゃねーよ!バカップル!!」
俺は振り返らずに店を後にした。
むかつく。
心底腹がたった。
ユウは見世物じゃない。

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:42:21.28 ID:4QDc0c6v0
「せんせ?」
「おれのいえではなそう」
その店は俺の家の傍であったから。下心なんかで呼んだわけじゃないぞw
俺は怒りから何も話さずにずんずん突き進む。
ユウの腕を掴んでいるのも忘れて。
気づいたのはユウの手が上に上に移動して俺の手を握り締めたからだ。
小さくて柔らかい手が俺の手を包んだ。
しかし思わず振り払ってしまった・・。
「いや、その・・」
俺はてんぱった・・、さすがに今の態度はどうかしている・・。
「へへ」
ユウが恥ずかしそうに、ちょっと切なそうに笑った。
今でもあの日のことは謝ってない、本当に悪かったと思う。

233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:45:55.37 ID:4QDc0c6v0
家に上げるとユウは驚いた表情を見せた。
「きたない」
おうおう・・。ちょっとは遠慮してモノを言えと思った。
言うほど汚いとは思わないけれどなw
俺はテーブルに置かれたパソコンを立ち上げて『絵本翻訳家』をググッた。
その間のユウの行動がおかしい。
チラチラと部屋を見渡している。
「どうした?」
と尋ねる。

242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:49:59.27 ID:4QDc0c6v0
「そうじしないの?」
「あのな・・」
面倒なので筆談に変えた。
「一人暮らしなんてこんなもんだぞ」
ユウもすぐにペンを走らせる。
「食事もちゃんと採ってるの?」
「とってる」
ここは言葉。
「彼女さんを家に呼んだりはしないの?」
「よばねーよ」
「先生だらしないよ」
「うるさい。ちょっと黙ってろ!!」
ナグり書きをした。
図星なことを言われてキレるとかwくそったれですw
ユウは何も言わずに隣に正座をしていた。
なんで正座wと思ったが反省の意をこめているのだろうとほっておく。
俺は構わず調べた。

246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:51:25.44 ID:4QDc0c6v0
どうやら短期の英語科を出て翻訳家(絵本ではない)になった人はいるよう。
そして絵本翻訳家は少子化の影響から絵本自体が少なくなっているために相当なるのが難しい職業のようで・・。
淡々とメモ書きをしていると肩を叩かれた。
「なに?」
ユウはペンをとってこう書いた。
「掃除していい?」
・・・。
是非!と即答したかったが何か癪に障ったので「好きにして」と書いた。
ユウはパッと立ち上がり掃除をしだした。
「すてていい?」「これはどこ?」
なんて聞きながらテキパキと掃除をしていくユウを見ていい奥さんになるわな・・なんて思ってた。
ものの数十分で見違えるほど綺麗になった俺の部屋。
ほんのり汗をかいていたユウに「ありがとう」と告げメモを手渡す。
「せんせ、ありがとう」ユウもお辞儀をしてきた。

245: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:51:24.11 ID:zLISbRRvO
なんか、やたら人間らしいよな、>>1って。

247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:52:16.63 ID:J8bqVHW6O
よく怒れるってかキレられるなwwwwww
俺だったらなんか変に縮こまっちゃうわ

249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:53:25.55 ID:VneAmMgQ0
良い子だ

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:55:10.09 ID:4QDc0c6v0
「せんせ、すごいね」
「ネットつかえば、できる」
パソコンを指差す。
首を振るユウ。
「わたし、せんせをそんけいしてる」
「ん?」
俺が???な顔をしていると紙に書く。
「尊敬」
そして俺を指差す。
尊敬ね・・、どこにそんな要素があるw
「先生は私を普通の子と見てくれる」
「だって、普通じゃん」
「ありがとう」
俺は「うん」と言い、続けて今日はもう帰りなとユウに言うと素直に帰っていった。
帰った後に『色々悩んで一番の道を選んで下さい』とプーの俺は偉そうにメールを送った。
『先生も頑張ってね』と返ってきた。
俺は再びパソコンに向かう。
彼女の気持ちに答えるのは無理。
でも彼女が俺に抱いている綺麗過ぎる幻想を保つことは出来るのではないかと。
先ずは仕事を探そう。
人並みにちゃんとしようと思った。

256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:57:46.35 ID:GNkNWrlC0
健気だな、それも>>1相手だから余計になんだろな
裏山

261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 16:59:52.30 ID:4QDc0c6v0
夏が過ぎ、そろそろ年の瀬だというのに仕事は決まっていなかった。
少し高飛車になっていたのかもしれない。
有名どころの大学を卒業して有名企業に入った俺勝ち組wだから転職先もある程度いいところじゃないとwwなんて自惚れていたのかもしれない。
面接にこぎつけたのはわずか一社。しかも落とされる。
その間にもユウとはメールで連絡をちょくちょく(月に一回くらい)とっていた。
どうやら進路は短期大学の英米文学か英語科にするとのことだった。
彼女の英語力なら短期大学の英語科では物足りないのではと思ったが・・。
そんな感じで過ぎていく日々・・そしてあの日が来る。

264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:01:05.24 ID:4QDc0c6v0
二月。
久々の面接。
昼からの予定ではあったが朝から目が冴え渡っていた。
ユウの合格発表の日でもあったからだ。
ダブルのドキドキ。心臓に悪いw
十時過ぎ。
メールが来た。
「先生、合格したよ」
きたああああああああああああああああ!!!
俺はすぐに返事をする。
「おめでとう。四月からは晴れて大学生だ」
小学生だったユウがもう大学生・・。感慨深かった。
でも呑気に浸っている場合ではない。
俺もしっかりしないととスーツに着替えた。
今日はいける!と確信していた。
俺も四月から社会人復帰だと。
でもそんな上手く行くわけないw

277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:04:38.06 ID:4QDc0c6v0
面接は散々だった。
空白の時間を問い詰められ、俺の人間性も否定され・・、圧迫面接というか、ただこき下ろされただけ。
久々に凹んでいた。自己嫌悪もプラスされてな。
なんか誰かと一緒にいたかった。
ユウに連絡しようか・・まさかw
俺は例の彼女に電話をした。
しかし繋がらない。おかしい・・今日は休みのはずだ。
何度かけても繋がらない。
仕方なしにメールをした。
『今日会えない?』
するとメールが返ってきた。
『今忙しくて電話出られない。どうしたの?』
どうしたの?と聞かれて俺は隠していた事実を話そうと思った。
もう隠していても意味はない。
こういう時に彼女に頼らなくていつ頼る。
都合のいい考えが俺の頭をよぎる。
『実はな、俺だいぶ前に仕事辞めてるんだ。今は仕事を探している段階。それで今日の面接で散々だったから**の顔が見たくなって』
今思えば最低なメールだわなw

275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:04:18.44 ID:gQtTEool0
>>1今晩何時に行くんだ?間に合わないぞ

278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:05:56.28 ID:GPdo5KO20
間に合わないとか、途中で行っちゃうのだけはナシな

282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:09:00.02 ID:4QDc0c6v0
時間心配してくれている人ありがとう。
ユウのお母さんが今日は遅いから8時くらいだと思う。
ユウから連絡が来るから。

(続き)
しばらくするとメールが返ってきた。
『だと思った。つか何様だ、お前。もう二度と連絡してくるな』
青ざめた。予期せぬ返事だったから。
俺は電話を掛けた。
出ない。もう一度・・。
「しつけーなぁ」
男の声だった。
「あれ?」
「今**とデート中なんだよ、殺すぞ」
「ちょっと・・」
すぐに電話は切られた。
数分はボーっとしていたと思う。
ハッとしてもう一度電話を掛ける。
プープーとなる。
話中?違う着信拒否だ。
メールはどうだ?
『あて先を確認してください』
オワタ・・。
何もかもがオワタ・・。

288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:11:50.04 ID:4QDc0c6v0
面接先の最寄り駅のベンチで俺は一人うなだれていた。
彼女を失ったショックというか面接とも相まってプライドがズタボロだったからな。
2,3時間はいたと思う。完全に不審者。
そこに一通のメール。ユウからだった。
『合格通知!』
写メールと共に送られてきた。
何故か涙がこぼれてきた。
尊敬していると言ってくれるユウの方がよっぽど頑張っている、難聴者というハンデをものともせずに頑張って自分の道を歩んでいる。羨ましい。そして妬ましい。
俺は無意識にユウに『電話』をしていた。

289: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:12:37.99 ID:4QDc0c6v0
初めて掛ける電話。
「せんせ?」
声が聞こえてきた。
「てんわじゃわからないよ」
「おめでとう。本当におめでとう」
俺は聞こえるはずもない言葉を受話口に向けて話す。
「せんせ?どうしたの?」
ユウには無言電話なんだろう。
「せんせ?せんせ?」
その問いかけが俺を苛立たせた。
面と向かってじゃなきゃ話せないのかよ?
ふざけんな。
なんで俺の声が聞こえないんだよ!!!!
「せんせとこにいるの?」
「うるせええええええ!!!!!!!!!」
あまりにも理不尽。
そして俺は電話を切った。
もうこのまま電車に飛び込んで死のうかと思った。
マジで。
でもそんな勇気もない。
トボトボと俺は家に帰ることにした。 
スポンサードリンク
291: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:13:48.57 ID:4QDc0c6v0
途中パチスロを打って帰った。
こんな日に限って当たるなw
連荘を重ねて五万勝ち。
風/俗でも行くかと思ったが遅いし帰る。
電車に揺られて駅につく。
家に帰ってネトゲでもやろう。
適当にバイトして適当に過ごそう。
もう彼女もいない・・一生そんな感じでいいやと思っていた。
改札を抜け階段を下りる。
・・・。
・・・あのさ。
なんでかな・・。
なんでそこにいるのかな?w
どんだけ待ったんだよ?w
今何時だよw
「せんせ」
笑顔のユウがそこにいた。

292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:13:58.62 ID:FYKxOUeCP
理不尽だ・・・
理不尽だが・・・(;ω;)

296: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:15:23.94 ID:KwMfFz3C0
目から汗が…

305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:18:30.95 ID:gQtTEool0
感動したと同時に自分の彼女に嫌気がさしてきたのは俺だけか

306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:18:56.89 ID:4QDc0c6v0
「いつから?」
「たまたま」
嘘が下手。
「おそいから、かえれ」
「せんせ、げんきない?」
「うるさい」
わざと顔を近づけて言った。
「うるさくない、しんぱい」
ガキに心配される筋合いはない。
俺は無視して歩き出そうとした。
しかしユウが腕を掴んでくる。
振り払っても振り払っても掴んでくる。
うざい。
「はなせ!」
「せんせはなにもはなしてくれない!」
「話しても聞こえねーだろ!!」
ここ一番に力強く振り払う。

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:20:11.31 ID:iC3d8Mh1i
それにしても>>1の短気ぶりにはイライラさせられるぜwww

315: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:22:00.63 ID:+LKYTCjz0
>>310
この>>1のツンデレ具合にユウはやられたんだろ

316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:22:02.42 ID:4QDc0c6v0
「いいか。俺はお前が抱いているような人間じゃない。いわば屑だ。
お前の方がよっぽど素晴らしいよ。耳が聞こえなくても健聴者と同じ。
いやそれ以上に輝かしい人生を送っている!
なにか?見下しているのか?馬鹿にしているのか?ああ?ふざけんなよ!」
聞こえないのを言いことに絶対言ってはいけないことを口に出してしまった。
困った顔をするユウ。
分かるわけない。こんな怒鳴ってもユウには届かない。
「ばーか!あーほ!どーじ!まぬけ!!!」
小学生みたいな煽り文句を浴びせた
俺は柱に頭を当てた。
もう最悪だ。サイアク・・。
その日は俺の涙腺も緩んでいたんだなー。
三度の自己嫌悪に泣けてきた。

318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:23:19.28 ID:9JlpoPxt0
うらやましいぜ
俺も就職できなくて彼女に振られた

俺のユウはどこにいるのかなぁ・・・

324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:25:35.37 ID:4QDc0c6v0
「せんせ、ひとい」
驚いた?まさか聞こえていたのか?
同時に俺の背中に彼女の手が触れた。
背中で突きはねるがどかない。
「かおでわかるのよ」
ユウは言葉を続けた。
「せんせはいいにおい。むかしからこのにおいがすき」
匂い?タ*コ臭いだけだ。
「せんせ、すき。たいすき」
ユウの体もぴったりとくっ付いてきた。

332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:27:22.28 ID:4QDc0c6v0
俺は咄嗟に振り返った。
驚いた表情を一瞬見せたがすぐに顔をしたに向けるユウ。
「ごめんなさい」
なんて謝る。
俺は携帯を取り出して打ち込んだ。
『好きってどういう意味だ?』
言い方が古いがラブかライクのどっちなんだと。
ユウも携帯を取り出して打ち込む。
『先生に彼女がいるのは分かってる。でも気持ちは伝えていいでしょ?』
『気持ちって?』
『先生の事がずっと好きなんだよって』
俺はユウを見た。
ユウは視線をどこに置いていいのか分からない様子。
「ごめんなさい」
俺の顔が強張っていたのかまた謝ってきた。
それが物凄く可愛かったのな。
もう無理だった。
俺もユウのことを無意識に好きになっていたのかもしれない。
それは今となっては分からないけれど。
俺はユウを抱きしめた。
ユウは体を一瞬震わせたがユウの手もゆっくりと俺の背中に回った。
「馬鹿だな、ユウちゃんは。こんな屑を好きになって」
聞こえないのをいいことに。
「せんせ」
ユウが力強く俺を抱きしめてきた。
「たいすき」
俺も強く抱きしめた。

326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:26:04.03 ID:MuQp8CP0O
この話には何か血が通っているような気がする


今がユウにとっても1にとっても幸せだろうから幸せにしろよとは言えないけど、
もう少し短気なのなおせよ

339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:28:09.49 ID:Uk7T/UV+0
俺今日一日仕事してねぇwwww
会社のお偉いさんと雑談しながらvipとかwwww

346: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:29:50.21 ID:4QDc0c6v0
ユウも大学生になり四月、五月と月日が流れていく。
でも例年のようにgdgdとはしなかった。
俺は身の丈にあった仕事を探しとにかく定職につこうと思った。
部屋も綺麗した。
身なりも正した。
タ*コもギャン*ルもやめた。
それは一重にユウがいたからだな。
彼女は大学に入ると同時に翻訳家についても学びだした。
いつも一生懸命で前向きな彼女を見ていると俺もしっかりしないとと自然と思うようになった。
ちょっと脱線するが実のとこと今のところ翻訳家にはなれていない。
需要のなさと、やはり障害者ってことで難しいようで。
でも俺は応援している。
得意だった絵を生かして絵本作家になれば?とも勧めている。
とにかく今でもユウは前向き、ポジティブだ。

352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:31:49.61 ID:4QDc0c6v0
んで7月。
年に数回の実家からの電話。
俺はその時ユウのことを言った。
「今度帰るとき彼女連れて行っていいかな?」
「あらーwもちろんよwどんな子かしらw」
「普通の子だよ」
「会社の人?」
ドキっとしたが冷静を保ち。
「いいや」
「写メくらい送りなさいよw」
母親は歳と反して携帯を使いこなす、よく写メを送ってくるんだw
「後でな、それと一つ知っていてほしいことがある」
「なに?w」
「彼女は耳が聞こえない?」
「え?」
一気にテンションの下がる母親。

360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:34:31.01 ID:4QDc0c6v0
「そういうこと」
「病気かなにか?」
「まぁ」
「障害者ってこと?」
「そんな言葉を使うな」
「連れてこないで」
「は?」
「お母さんは認めない。寄りによって障害者なんかと・・」
「おい、言葉が過ぎるぞ」
「とにかく家には連れてこないで」
自分の耳を疑った。
実の母親がそんなこと言うなんてと。
もちろんユウには話さなかった。
「今度俺の実家にいかないか?」と誘ったら喜んでいたからな。

362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:35:26.04 ID:gQtTEool0
母ちゃんひどいな・・・
でも、親の気持ちもわかる。
>>1が守ってやればそれでいいんだ

363: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:35:28.91 ID:FYKxOUeCP
母親・・・
またモヤモヤさせられるとは・・・

369: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:37:19.26 ID:4w4Y4tHHO
>>360
母親
表でろこるぁ!

371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:37:49.38 ID:VCYzqKmS0
連れてくるなって人の親が言う言葉か?
ひどすぎる・・・

372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:38:54.22 ID:+LKYTCjz0
>>360
ムカついた
でも母ちゃんの事は悪く言えない・・・

373: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:39:00.68 ID:HYFrKToaO
大事な長男の幸せを考えれば普通

375: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:39:05.88 ID:strTKhqnO
なんというドラマチック展開

376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:39:21.44 ID:4QDc0c6v0
そして八月の末・・俺はレンタカーを借りて実家の会津若松に帰ることにした。もちろんユウを連れて。
運気ってのはあるのかもな。
仕事の方も、面接は上手くいき後は連絡待ちっていう具合にもなってた。
その流れに身を任せその日までに何度となく母親を説得した。
しかしメールは返ってこない。
ユウとの2ショットも送ったが返事はない。
このまま家に帰っても追い返されるだけかもと思ったが構わない。
その時は直接ガツンと言ってやろうと思った。
ユウとの約束が優先だしなと。
それに初ドライブでユウも満足げだったからそれで全てがおkだった。
しかし実家に近づくに連れて緊張。
最後のパーキングエリアで実家に電話。
休みだったので父親が出た。

379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:40:38.02 ID:grKZlmFL0
彼女の性格等事前情報がないだけに、
反応としては仕方ない部分もあるが・・・
母さんそれはないぜ・・・

380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:40:38.76 ID:wLSPypbd0
まぁ母親にしてみれば人並みの幸せをつかんでほしいと思う気持ちは大事

だが、そんなのは当事者の問題で関係ないよねぇと思う今日この頃

381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:40:39.40 ID:4QDc0c6v0
「母さんは?」
「いるよ」
「もうすぐでそっちに着くから」
「え?そんなこと聞いてないぞ」
「末には帰るって言っただろ」
「そうか、(受話器を話して)おーい、男が帰ってくるってよー」
何かを話している。
「一人か?」
「いいや、彼女とだ」
「彼女と来るそうだー」
うるせーよ、親父w
「じゃあ気をつけてこいよ」
そう言うと切られた。
そして実家に到着。
チャイムを鳴らす。
出てきたのは地元で働く弟だった。

382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:41:08.63 ID:VCYzqKmS0
>>1
おまえ若松か?俺も若松www
くそぅ、親近感限りなく増大中!
おまけに涙が止まらない

384: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:41:39.32 ID:5Vo7qgyE0
弟と親父に期待

390: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:43:10.92 ID:4QDc0c6v0
「おう」
「なんだよ彼女連れかよw」
そういう弟にユウはお辞儀をした。
「うるせー。早くいれろ」
「うーっす」
そして玄関に行くと親父が出てきた。
「おお、家に若い女の子がくるとは!!」
親父はしゃぎすぎだw
ユウはまたお辞儀をする。
奥で母親が覗いているのが分かった。
「母さん!!母さん!!」
親父が母親を呼ぶ。
渋々出てくる母親。
「ただいま」
母親は無表情のまま何も言わない。
「彼女のユウちゃんです」
玄関先に揃った家族に紹介をした。

392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:43:37.06 ID:m9cKDyA/0
親父がかわいい

395: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:44:39.75 ID:wLSPypbd0
まぁ、得てして母親と妻はうまく行かないもんだからねぇw
初めから嫌われてるぐらいで丁度いい気がする。

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:45:54.52 ID:4QDc0c6v0
「はじめまして。ユウといいます」
ずっと車の中で練習していた台詞。「ちゃんといえてる?」って何度も尋ねてきた。発声なんて気にする必要ないのになw
「初めまして。男の父です」
なんかキリっとなりやがった親父w自重しるw
そして「お茶用意するからおいでおいでー」と父親と弟はリビング入っていく。
しかし母親は立ったまま。

405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:48:16.19 ID:54mko7teO
1 準備しなくて大丈夫?

409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:49:10.67 ID:4QDc0c6v0
さんくす。
チャリで10分のところにあるから平気。
書き込みながらも準備はしてるんだぜw

416: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:51:23.99 ID:4QDc0c6v0
「なんだよ」
俺と母親の間の空気を読んだのかユウが困った顔をする。
すると母親は手を前に持っていった。
手話だった。
『初めまして。私の名前は**です。よろしくお願いします』
これを手話でやった。
このやろー。
俺は笑顔を堪え切れなかった。
あの時ほど母親に対して愛のこもった怒りを感じたことはなかった。
ユウの顔にも満面の笑みが零れた。
普段俺の前では滅多に使わない手話を母親に見せた。
『初めまして。ユウと言います。お邪魔します』
って。
靴を脱ぎあがる。
「練習したのか?」
母親に尋ねる。
「知っていただけ」
ツンデレをやるには歳が行き過ぎているだろw
でもこんな母親が大好きだ。

419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:51:57.50 ID:7rCwVWFd0
え、何、ツンデレ?

424: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:52:37.29 ID:8ZVjQBoT0
母のツンデレに萌えた・・・
両親いい人だなぁ

426: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:52:38.59 ID:VneAmMgQ0
かぁちゃん、見事

427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:52:39.03 ID:grKZlmFL0
母親!!!
泣かすなっ!!!
仕事中やばいだろ・・・

431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:53:09.62 ID:iC3d8Mh1i
>>1のツンデレは母親譲りだったのかwww

435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:53:51.41 ID:4w4Y4tHHO
かぁちゃんにイライラして本当にすみませんでした

444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:55:58.67 ID:4QDc0c6v0
父親も弟も初めは驚いていたがすぐに慣れてくれた。
弟は空気を読まず「手話教えてw」なんて言っていたので張った押しておいた。
ユウもユウで簡単な手話を教えていた。
夕飯を食べ終えると弟は部屋に入り父親はビー/ルを片手にだべってテレビを見ながら寝てた。
ユウは風呂に入っていた。
「ユウちゃん、いい子ね」
「ああ人一倍な」
「ごめんなさいね」
「気にするな。誰もが同じ反応する」
「結婚考えているの?」
「急になんだよw」
「あんたも30近いじゃない」
この時はまだ20後半になったばかりなのにw

445: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:56:00.93 ID:u/Yt9AV50
でも母ちゃんからしたら息子に苦労せずに
幸せになってもらいたいからそういう態度に
なっちゃったんだろうな

446: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:56:00.92 ID:o5gp7EuV0
カーチャンの悪口言った奴出てこいやあああああああああああああぁぁぁぁ!!!

450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:57:26.70 ID:iC3d8Mh1i
>>446
すいませんでした

456: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:58:37.03 ID:4QDc0c6v0
「今では30過ぎても結婚してない人なんてザラだろ」
「支えてあげられるの?」
人の話聞いちゃいねー。俺はビー/ルの缶を潰す。
「分からない・・」
そこに風呂上りのユウが顔を出した。
母親の貸した寝巻きに身を包み頭をバスタオルで拭いている。
湯に漬かって満足げな表情。
俺は一息ついた。
そして手招きしてユウを傍に呼んだ。
ちょこんと座るユウ。
バスタオルの上から俺は彼女の頭を撫でた。
「母さん、前言撤回だ。何が何でも彼女を幸せにしたい」
母親は一度頷いて「お風呂」と言って去っていった。
ユウはキョトンとしていた。
そして俺の顔を見る。
「なんでもない」
「そっか」
「ゆっくりできた?」
「きもちよかった」
この笑顔を絶やしたくないんだわw

463: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 17:59:52.44 ID:IicfzYVj0
母ちゃんは・・複雑な気持ちだったんだろう
親としては本心から祝福できないかもしれない、それでも
立派な、いい母ちゃんじゃないか

466: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:00:35.31 ID:MuQp8CP0O
さらっと泣けること言うな・・・

467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:00:37.74 ID:4QDc0c6v0
次の日にはもう帰ることにした。
まだ大学生のユウを連泊させることに気が引けた。
昼には出て観光をして帰った。
帰りの退屈な東北道。
隣にユウがいれば飽きなんてのはないがな。
「せんせ、しあわせものたね」
俺は運転しているので前も向かなくてはいけない。
だからなるべく大きき口を開けて話した。

472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:02:26.65 ID:CKpAQnuH0
>>1
年の頃も同じ、仕事辞めてフラフラしてた時期があるのも同じですげえ親近感を覚えた
立ち直れたお前ならユウちゃん幸せにできんだろ

がんがれ 超がんがれ

480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:03:41.08 ID:4QDc0c6v0
「どうして?」
「すてきなかぞく」
「そうかな?」
「うん」
「ユウのおかあさんもいいひとだろ?」
「うん」
ちょっと無神経だった。
父親のいないユウ。兄弟のいないユウ。
『家族』が羨ましかったんだろう。
「ユウと出会えことも幸せの一つだ」
わざと見えないように喋った。
「なに?」
答えずに俺はユウの頭を撫でた。
片手運転だったけど構わない。混雑もしていなかったし。
何も言わずに撫でた。
ユウもそれ以上何も言わなかった。
しばらくするとユウの頭がすっと落ちる。
寝てしまったようだ。
俺は手をどけて前を見据える。
俺はこの子を幸せにする。
絶対にだ。

484: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:04:51.42 ID:HYFrKToaO
彼女にこのスレ読ませたらガン泣きした件について…
俺悪くねーよ…

489: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:06:41.67 ID:4w4Y4tHHO
>>1にユウを幸せにしないと仕事なくす呪いをかけた。
せいぜいがんばって幸せにするんだな。

495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/06/04(木) 18:07:48.40 ID:gQtTEool0
帰ってプロポーズしよ

※リンクは記事の投稿が完了次第、繋がるようになっております
関連記事:【1/4】・【2/4】・【3/4】・【4/4
元スレ:「娘さん下さい!」って言いに行くww
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1244092114/



スポンサードリンク





おすすめサイト最新記事!!