※リンクは記事の投稿が完了次第、繋がるようになっております
関連記事:【前編】・【後編


51: 49 2006/02/15(水) 10:52:32
自分の気持ちを整理するためにちょっと書かせてください。
ウザかったらスルーしてくれー

高校卒業後、俺は外国に留学して、現地の大学に通っていました。
当時俺には厨房のころから付き合ってる彼女(3年ちょいくらいの付き合い)
がいて、俺が大学を卒業して日本に帰ってきたら一緒に住もうねって
話もしてました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク


それなりに長い付き合いだったけど、俺は彼女のことがすごく好きだったし、
彼女も俺のことをとても好きでいてくれました。



52: 49 2006/02/15(水) 10:58:55
英語はそれなりに得意なつもりだったんだけど、
やっぱりそこで生活していくとなればなかなか上手くいかなくて、
始めのうちは授業についていくことと周りのやつら(日本人はあまりいなかった)と
コミュニケーションとることに必死で、すごく苦労していました。
彼女とは毎日メールを交換して、週に何度か電話もし、どうしても愚痴が
多くなってしまう俺の話を、彼女は辛抱強く聞いてくれました。
彼女もまたその当時浪人生で、いろいろと苦労があるらしく、ときどきですが
弱音を吐いていました。
俺は彼女を一生懸命励ましました。
超遠距離恋愛で、お互い会えないことをかなり寂しく思ってたけど、始めのうちは
そんな感じでうまくいってたんです。


53: 49 2006/02/15(水) 11:04:42
留学して数ヶ月がたち、俺はようやく外国での生活に慣れてきました。
友人もたくさんできはじめ、それまで周りとあまり会話ができていなかった俺は、
ようやくできた友人たちとの遊びに夢中になりました。
俺は友人と毎日のように遊びまわり(学校は真面目に通いましたが)、
友人たちは俺をいろいろなところへ連れて行ってくれました。



55: 49 2006/02/15(水) 11:14:58
ある日、友人に、知り合いがパーティーを開くから遊びにこないかと誘われました。
何のパーティーかも聞かず、俺は即決でオーケーしました。
そのころ俺たちは、ことあるごとに”パーティー”と称して馬鹿騒ぎをしていた
ので、何を祝うパーティーなのかは、正直どうでもよかったのです。
知り合いを増やして、みんなで遊ぶことだけが目的でした。
実際、行ってみると、集まったやつらはすぐに馬鹿騒ぎをはじめ、
そのパーティーの主旨につて語る人は誰もいませんでした。

いつもならば俺もすぐに騒ぎ始めるのですが、そのときはちょっと違いました。
ひとりの女性が目にとまったのです。
彼女は日本人で、どうやらまだあまり英語が堪能でないらしく、
黒髪と黒い目という容姿もあってか、少しばかりその場で浮いていました。



57: 49 2006/02/15(水) 11:21:42
俺は彼女に声をかけました。
彼女のほうも、唯一同じ日本人である俺に気づいていたようで、話かけると
すぐに食いついてきました。
彼女はリカコ(仮名)と名乗り、俺たちはすぐに打ち解けました。
パーティーの会場(といっても友人宅だけど)にいるうちは、場の空気もあって
英語で話していたのですが、話が盛り上がり、
いちいち英語で話すのがもどかしくなってきて、
外に出て日本語で話すことにしたんです。


58: 49 2006/02/15(水) 11:30:05
俺とリカコはいろいろなことを話しました。
リカコは俺よりも1つ年下で、父親の海外転勤でこっちにやってきてから、
まだ3ヶ月ほどでした。
当然英語は片言で、隣に住んでいる女友達(当時唯一の友人だったらしい)に
半ば無理やりパーティーに連れてこられたそうでした。

そのころ俺は、日本にいる彼女と変わらず連絡をとりあっていましたが、
受験が近づいてきた彼女は最近泣き言が多く、
正直なところ、ときどきうんざりという気分になることがありました。
自分が辛いときはさんざん励まされておいて、本当に身勝手なのですが、
彼女をかすかに疎ましくさえ感じることもあったのです。本当に最低ですが。



60: 49 2006/02/15(水) 11:35:45
自分の身勝手さを自覚しつつも、日本の彼女に対するわずかな
疎ましさは消えず、俺は自己嫌悪に陥っていました。
彼女のほうも俺の気持ちの微妙な変化に気づいていたようで、リカコに
出会ったとき、日本の彼女とは少し疎遠になってしまっていました。

リカコは明るくてさっぱりした気質の可愛らしい子で、
久々の日本語での会話ということもあり、俺とリカコは急速に親しくなりました。
リカコはあまり賢いとはいえない娘でしたが、そういう部分すらそのころの
俺には愛らしく思えたんです。


62: 49 2006/02/15(水) 11:43:44
リカコには恋人がいました。俺と同じく、日本においてきた彼氏です。
俺にも彼女がいることはリカコにも伝えており、
お互いの恋人のノロケなどもたくさん話しました。
リカコに日本の彼女のことを話していると、疎遠になっていた(俺のせいだけど)
彼女のいいところを思い出して、彼女への愛しさが戻ってくるのを感じました。
自分の身勝手さに自己嫌悪を抱いていた俺は、リカコとお互いの恋人を
自慢し合うことで、その自己嫌悪を軽くしたいと考えていたのかもしれません。
彼氏のことを話すとき、リカコはとても幸せそうでした。

俺はリカコのことが好きだったし、彼女も俺になついてくれていましたが、
それはもちろん、友達としての「好き」だったんです。


63: 恋人は名無しさん 2006/02/15(水) 11:44:50
友情 ≠ 愛情 だったんだね


64: 49 2006/02/15(水) 11:50:20
リカコのおかげで日本の彼女への愛しさを取り戻し、
ふたたび彼女と頻繁に連絡をとりあうようになったころです。
リカコが朝方に突然電話をしてきました。
リカコがそんな時間に電話をしてくるのは珍しいことだった(最低限の常識は持っている子だった)
ので、俺が何かあったのかと思い慌てて受話器をとると、
彼女の泣き声が聞こえてきました。
「彼氏と別れた」と言っていました。


73: 49 2006/02/15(水) 12:44:29
俺はとっさに「ああリカコはふられちゃったんだな」と思い、
思いつくままリカコに励ましの言葉をかけました。
大丈夫かとか、泣いていいぞとか、今日会って話し聞こうか、とか。
しかしリカコは何も言わずただ泣くだけで、俺としても困って何も
言えなくなってしまうと、リカコは小さく「違うの」と言いました。

「あたしが別れようって言ったの。彼氏は別れたくないって
言ってくれたけど、あたし、やっぱり別れなくちゃだめだと思って。
だってもうよくないよねこんなの」

詳しくは覚えていないけど、こんな感じのことをリカコは
言っていたと思います。泣いているせいで、言葉は途切れ途切れ
でした。
俺がどう言えばいいか迷っているあいだ、リカコはずっと
「だめだよ、もうだめだよこんなの、よくない」と呟いていました。
それでも俺が何も言えずにいると、突然、リカコは大声を
あげました。

「ねえ、**(俺のこと)、なんとか言ってよ。何であたしが彼と
別れたかわかってる?わかってるんでしょ?なんとか言ってよ!」



76: 49 2006/02/15(水) 12:49:05
俺はこの言葉で初めてリカコの気持ちに気づきましたが、
あまりにも意外なことで、びっくりしたため、「わかんないよ」と
もごもご言ってしまいました。
するとリカコは「うそつき!」と怒鳴り、それから急に
おとなしくなって、またすすり泣きを始めました。

俺はとにかく混乱していて、リカコの言葉と日本にいる彼女のことが
頭の中でぐるぐる回っていました。
ただ、とりあえずリカコを落ち着かせようと思い、「落ち着け」と
言い、「とにかく話を聞くから、今から出てきて」と言いました。
しかしリカコは何も言いません。
彼女はとにかく明るい子で、泣き声を聞いたのも怒鳴り声を
聞いたのもそのときが初めてでした。
ひょっとしてリカコはもう俺には会いたくないんじゃないか、と
思いましたが、こんな状態の彼女を放っておくわけにも
いきませんでした。
リカコの気持ちにも気づけなかった俺が言えることじゃないかも
しれませんが、俺にとってリカコは本当に大切な友達だったんです。
スポンサードリンク
78: 49 2006/02/15(水) 12:51:34
何も言わないリカコに、とりあえず「じゃあ今から俺がそっち行くから」と
告げ、「そこ動くなよ」と付け加えて電話を切ろうとすると、
リカコはぽつりと「好きなんだよ、**のこと、好きなんだよ」と
言いました。俺はその声を聞いてどうしようもなく悲しくなり、
いたたまれない思いを感じました。
「うん」とだけ返して電話を切り、彼女の家へ向かいました。

急いでリカコの家へ着くと、リカコはちゃんとそこにいました。
2人分の朝食を用意して待っており、俺を見ると真っ先に
「こんな朝早くにごめんね」と言いました。
俺は正直拍子抜けしました。リカコはにこにこ笑っていたんです。
「おなかすいてるでしょ?食べて食べて」としきりに
朝食をすすめるリカコを抑えて、とにかく話をしようと切り出しました。



79: 49 2006/02/15(水) 12:54:12
すると、リカコは突然泣き出してしまいました。
彼女の表情の変化についていけず、戸惑っていると、リカコは
「好きなんだよ、それだけだよ。これ以上何を話すの?」と
呟きました。
皮肉なものですが、俺はリカコと恋人のことを語り合ったおかげで、
そのとき日本にいる彼女のことが本当に好きだと思っていました。
近々久々に帰国する予定で、彼女と電話で楽しみだね、と話していた
ときだったんです。
俺は「リカコのことは好きだけど、それは友達としてだ」と言いました。
日本にいる彼女のことがすごく好きなんだ、ということも伝えました。
リカコはうつむいたまま俺の話をきき、ときどきすすり上げながらも
頷いていました。
俺が話し終わると、リカコはうつむいたまま言いました。



81: 49 2006/02/15(水) 12:56:54
「**が彼女のこと好きだってことは知ってる。二人の間に割り込む
つもりはない。ただこのままじゃ、自分の気持ちに整理が
つけられないから」

リカコはおれに「してほしい」と言いました。
俺は「それは駄目だよ」と慌てて言いましたが、リカコは泣きながら
顔をあげて、
「一回だけでいいの、ずっとそうしてほしかった。一回してくれたら
キレイに忘れるから」と言いました。
同じようなやり取りが何度も繰り返され、結局、俺は流されました。
そのときはそれ以外の選択肢が思いつきませんでしたが、
今考えてみると、もっと良いやり方はたくさんありますよね。
結局俺は、「親友だと思っていた女友達を泣かせている自分」という
状況から、ただ逃げたかったんだと思います。
後悔してもしきれませんが、とにかく俺は、リカコを抱いてしまいました。

その後、リカコは本当に俺への気持ちを断ったようでした。
始めのうち、俺はリカコにどう接していいかわからず、戸惑っていたの
ですが、彼女が以前とかわらず俺と接しようと努めてくれているのが
伝わってきて、しだいに元の友達関係に戻ることができました。
お互いの家で遊ぶこともしばしばでしたが、彼女は決してその話題は
だしませんでした。
俺のほうも、その話題には触れず、日本にいる彼女のことを
話すのも避けていました。



82: 恋人は名無しさん 2006/02/15(水) 12:58:50
修羅場ぽくなてきた


88: 49 2006/02/15(水) 13:38:07
日本にいる彼女には、リカコとのことは話していませんでした。
電話で話さなければと思ったのですが、なかなか切り出せず、
今度帰国したときに顔を見て言おう、と決めました。

さて、俺が帰国するのは、当然のことですが学校が休みの期間です。
長期休みというのはだいたいどこの学校も同じなので、
俺とは学校が違うリカコも、当然同じ時期に長い休みがありました。
リカコの家は家族全員でこっちに引越ししてきたのですが、
リカコは久しぶりに友達に会いたいから、俺と一緒に日本に帰ると
言い出しました。
俺は困りました。日本の空港には彼女が迎えに来てくれることに
なっていたのです。
彼女に電話でそれとなく、女友達と一緒に同じ飛行機で帰るかも、と
告げたところ、彼女は笑って「別にいいよ」と言ってくれました。
彼女が俺を信用しているということが伝わってきて、俺は
心底自分という人間が恥ずかしくなりました。


90: 49 2006/02/15(水) 13:42:50
結局、俺はリカコに一緒には帰れないと言いました。
リカコは始めその理由がわからないようすでしたが、俺が彼女が
迎えに来てくれることを告げると、納得したように「ああ、なるほど」と
言って、笑っていました。
その笑顔を見て、リカコは本当に俺への気持ちを断ったんだと
感じました。
彼女には、帰国したらすぐ、リカコとのことを伝えるつもりでした。
俺は彼女のことが本当に好きでしたが、その話を聞いて
ふられても、仕方ないと思っていました。自業自得です。

そして帰国当日、俺はリカコやほかの友人たちに挨拶してから、
飛行機に乗り込みました。
飛行機に乗っている何時間もの間は、彼女にふられるかもしれない
という不安でいっぱいでした。
しかしそれでも、空港で迎えに来てくれた彼女の顔を見たときは、
会えたことが嬉しくて嬉しくて、それまで感じていた不安も
ふきとんでしまっていました。
彼女も俺に会えたことを、すごく喜んでくれました。



92: 49 2006/02/15(水) 13:46:27
しかし、荷物を受け取り、彼女と一緒に歩き出すと、後ろから名前を
呼ばれました。俺はぎくりとしました。
実際、体がびくんと跳ねたと思います。
振り返ると、案の定そこには、リカコがいました。にこにこ笑っています。
「飛行機けっこう揺れたね〜。もう、**、あたしが荷物取ってくるの
待っててくれたっていいのに」
と言って、リカコは俺の顔を覗き込みました。
同じ飛行機に乗ってたのか?という事実に衝撃を受け、
俺が何も言えずにいると、リカコは彼女に向かって、
「こんにちは」と言いました。

「**の彼女でしょ?いつも話は聞いてるよ〜」とリカコは
笑って彼女に話しかけますが、彼女は何も言いません。
どうしたんだろうと思い彼女の顔を見ると、彼女は驚いたように
目を見開いて、リカコを凝視していました。もともと色の白い子
なんですが、なんだか青ざめているようにも見えました。



93: 49 2006/02/15(水) 13:49:15
心配になって、「どうした?」と彼女の頭を撫でると、
彼女は乱暴にその手を振り払いました。
驚き、呆然としていると、彼女は突然リカコの頬を平手うちしました。
ばちん、とすごい音がしましたが、リカコは笑っていました。
俺が唖然としていると、彼女は今度は持っていたバッグを振り回し、
俺にナグりかかってきました。「最低、馬鹿じゃないの」と泣きながら
言われました。

情けないことですが、俺はあまりの驚きとショックにまともに
動くことができず、彼女が泣きながら走りだして、ようやく
我に返りました。
慌てて追いかけ、「どうしたんだよ」と呼び止めると、
「ついてこないで!」と言われました。
彼女は車を持っていないので、迎えといっても帰りはタクシーです。
何を言っても答えてくれず、彼女はひとり、タクシーに乗って
帰っていってしまいました。


※リンクは記事の投稿が完了次第、繋がるようになっております
関連記事:【前編】・【後編
元スレ:◇修羅場◇part16
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/ex/1137231048/


スポンサーリンク

 


おすすめサイト最新記事!!