539: 名無しさん@おーぷん 2015/03/14(土)18:19:57 ID:RAV
近所のおじいちゃんの武勇伝?
今年で98になる超高年齢のお爺ちゃんは未だに風邪も引かず病気もガンもなくボケもなく
背筋もピシッとして見た目70歳ぐらいの若々しさで毎日ハツラツと動いている本当にお爺ちゃんか怪しい人がいる


スポンサードリンク




スポンサードリンク



俺はニートなので毎日のように朝犬の散歩していると小言を言われて嫌な爺様だと思っていたが、
俺がこないだ4日間カゼを引いたとき見舞いに来てくれた
曰く、最近朝も昼も顔を見ないので心配したと。

母親とはご近所付き合いで中がよかったので家にあげたが、俺に会うなりやはり怒られたw
ただなんか不思議と俺は嬉しかった。
母方も父方の祖父は二人共早死してしまっていたので。
もうすぐ二十歳だけど俺にとってはお爺ちゃん的存在で少し泣きかけた

そしてカゼが治ってからお礼に家に行くと、家にあげさせてもらった。

お爺「カゼが治ったか、そかそか…」
オレ「はい。なんて言うか心配してくれてありがとうございました」
お爺「かーってかなんぜ風邪をひくかねぇ…」
オレ「あははは……、**さん(お爺様)は病気にならなさそうですがコツとかあるんですか?」
そんな感じで俺はなんとなく聞いたら。

お爺「ハハハ、コツか……そうだな」
そういうとお爺は一枚の写真を仏壇から持ってきた。
そこには白黒のどこかの学校を背景にキリッとした顔で並んでいる学生の集合写真みたいのを見せてきた
その写真は軍学校の集合写真らしく、第二次で写っている人の半分が死んだとか言われた。

お爺「この中に似ている奴がいるだろ、お前に」
オレ「……似ているとしたらオレはこの人ですね」
写真は、誰もがキリッとしていたのだが、よく見ると一人だけ両脇を抱えられ辛そうな顔をしている人が居た
心なしか確かに元気なさそうな顔がオレに似ている

お爺「ソイツがオレだ。その時は腹痛で動けなかった
 それどころか写真取り終えた後、俺は糞を漏らしたからな」とタ*コを吹かすお爺。

540: 名無しさん@おーぷん 2015/03/14(土)18:20:08 ID:RAV
お爺「この頃は本当に病弱でな。すぐに風邪をひくし「よく軍人様できるな」とバカにされたもんだ。
 お陰でこの写真の写っているやつらの殆どが昇進したのに俺は万年使いっ走りだ」
そうお爺はニヤ/リと笑い。

お爺「……だがな、俺は今でも言ってやるが、部隊の命を救ったんだ」
そしてお爺様はニヤニヤしながら

お爺「憎たらしい上官や先輩同期の奴ら全員に風邪うつして派遣を免れてやったんだよっw」

聞くと南の島(よくわからないけど)に派遣されることになったらしい
だが、そんなのは行きたくないと思ったお爺様は翌日には風邪をこじらせたそうだ。

しかし、たかが一人で派遣を免れるわけもなく「根性が足りない」と叱られるのは分かっている。
なので風邪を引いている状態ながら、派遣までの間、集団行動に積極的に参加したらしい

お爺「上官はバカだから『気合入ってるな!』とか言ってたよww
 だから俺に関わった奴ら全員風引いちまったんだよwww」

最初に上官が咳ごみ初めて、翌日には高熱を出す仲間が3人。そこからは、どんどん広がっていった
しかも本当に風邪かどうかも怪しいらしく、
全員が腹痛や頭痛、喉の痛み、中には心臓や肺の痛みを訴える者もでたらしく、吐血した奴もでたらしい。
更には幻覚や支離滅裂な言葉を口走るようになったりと、奇病な風邪だったそうだ。

お爺「あまりにも酷い有様だったから派遣は取りやめになったww
 下手に感染させられたら困るって全員離れに移されたなあww

 ただその後、どんどん派遣された部隊の壊滅や日本が劣勢になっていく一報が入るたびに後ろめたくなった。

 おかげで雑用や顎で使われる日々を過ごす嵌めにもなった……嫌がらせもひどかったなぁ」

 周りから「日本の恥じだ」とか「風邪に負ける奴らが米国に勝てるか」と罵られ続けたらしい
 なにより部隊全員と上官から常に指を刺されていたそうだ。お前のせいで、お前のせいだ、と。

お爺「がな、終戦してから数日後になんて言われたと思う?あの野郎共はなぁ…」

上官『お前のお陰で命を救われた。あの日風邪を引いてくれたことを感謝する』
仲間『『『実は俺らお前をダシに演技してた。助かった』』』

つまりあの奇病の大半は仮病だったそうだ。

お爺「あったまきちゃうよなー?だから心に決めたんだ。
 二度と風邪にも病気にもならんって。」

以来、お爺は絶対に風邪も引かず病気にもならないように気をつけ、頑張っているそうです
ちなみにお爺が希望する最後の死に際は自然死らしいです。

スポンサーリンク

 


おすすめサイト最新記事!!