77: 名無しさん@おーぷん 2015/11/22(日)01:35:45 ID:SoC
数年前、日本語学習に熱心なフランス人女性に怯んだ話。

フランス語さっぱりな私に「こんなこと私さんにしか頼めません……」とか言うもんだから、ひそかに緊張して彼女のホームステイ先へ。
家主の許可を取ったのか心配になる量の書棚の陰から彼女が取り出した資料は特殊と言えば特殊、もしくは見慣れたジャンルの本で……。



スポンサードリンク




スポンサードリンク


「私さん、『オッ*イプル〜ンプルン』を詳しく教えて下さい」
三分程むせる私。
「細かい法則性があるはずなんですが、誰に教わればいいのか悩んでました」
フランス人は原典を大事にするとは聞いたことがあったけど、そこに注目するとは……。
「違いますよ! オッ*イだけじゃなく擬音は色々勉強してます。ただ『オッ*イプル〜ンプルン』は教わる相手を選ぶ必要があると思いました」
「私なら詳しいと思った理由を聞かせて欲しいわー、まぁ教えられる範囲で教えますけど」
そこから二人で資料を手に、オッ*イスタート。

「『プルン』は基本的に質感と量感の表現で、『プルンプルン』や『プルルン』は量感の強化になっていて……」(何言ってんだ私)
「対して『プリン』はイ音への変化。『ブーン』が『ビーン』になるのと同様で高音域高振動。ここでは弾性の表現に……」(何言ってんだ私)
「仮に『プラン』と書かれたならア音への変化。
 舌と口蓋の広さから距離の表現になるから若い女性のオッ*イには相応しくないね」(何言ってんだ私)
「そうそう。この『ボイ/ン』は量感と弾性を同時に表現していることになるね。
 比較的新しい言葉だけど使い道が少ないから死語になっていくと思う。ボイ/ンは死ぬ」(何私情挟んでんだ私)

こんな具合で結局半日を費やしてプル〜ンプルン。
「あー良かった。私さんに聞かなかったら、この『ペロン』は服が捲れる表現でオッ*イとは別って気付けませんでした。
 今のワタシ、フランス人としてはかなり『オッ*イプル〜ンプルン』に詳しい方だと思います」
「そうかもね……」
「学校の課題に提出してみていいですか?」

あの時、止めなければ誰かの学習の助けになるオッ*イ論文が出来ていたのだろうか……。

81: 名無しさん@おーぷん 2015/11/22(日)19:44:13 ID:NWA
>>77
ちょっっっwwwwww
半日も説明お疲れ様です(笑)
当人は真剣だったんだろうけど、お茶吹くかと思ったわww

スポンサーリンク

 


おすすめサイト最新記事!!