現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析

スポンサーリンク

オススメ人気記事

キチママ・キチガイ


熱がある子供に予防接種を受けさせようとするキチママ発見した!

34: 名無しの心子知らず: 2001/05/01(火) 00:26
予防接種に行った時。

一人の若い母親が受付の人に激しくくってかかっていた。
えんえんとやりあっているので、何事かを耳をそばだてたら、
子供の熱が38度近くあるのに、接種を受けさせろと主張している。
主治医の先生が受けても大丈夫だと言った、と言ってきかない。

受付の人が困って、接種に来ている先生に判断してもらいましょうと言ったら、「あの先生は大嫌い!」の一言。

彼女によると、車にトラブルがあったにもかかわらず、必死で会場に来たのに、受けられないなんてヒドイというのが彼女の主張らしい。

延々とやりあって、どうしても受けられないとわかったのか、彼女は帰ったのだが、帰り際に思いっきり予防接種の看板を蹴り倒していた。

……なんか、すごい鬱になってしまったよ。はぁ。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

  スポンサードリンク


キチママ3人組「お母さんも、その子どもも、いじめてやろー!」

735: 名無しの心子知らず: 2001/05/31(木) 17:14
幼稚園の総会のとき、後ろの席に座っていたママ友3人組み。
ずーっと、ずーっと下らないおしゃべりを、延々一時間しゃべりっぱなし!

あるお母さんが「自由保育だから、小学生に上がったら心配です」と意見したら
「何それ。えらそー!あのお母さんの顔覚えておこうよ。
お母さんも、その子どもも、いじめてやろー!」
って、言ってた!

反対意見があれば、ちゃんと発言してよ。
いじめてやるって、いったい・・・・?
ハァー。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


助けて!!隣宅のドアを、発狂しながら叩いたり蹴ったりしている女が居る(;゚Д゚)

510: 名無しの心子知らず: 2012/10/15(月) 16:51:20.62 ID:Wj1nk+a1
規制解除記念
先週の連休終わりに発生し、その後数日で全貌が判明したキチママ話しを投下します
(後に出てくるお隣さんには投下了承もらい済みです)
あと、ママ度低い+ガチキチ案件かも、です。

自宅は分譲マンションで、ひとつの階に10件位入っている。
管理人がロビーに居るが、オートロックは無し。比較的出入りは緩い。
連休最終日の月曜夕方、丁度今くらいの時間、家族で出先から帰宅したら、
自宅マンションのエレベーター降りた辺りくらいからものすごい音が響いて聞こえた来た。
バシンバシン、バンバン、って明らかに何か叩いてる大きな音
それと一緒に、女の人のわめき声というか、何言ってるか分からない叫び声みたいな物も聞こえてきて、
私たち一家ビックリ。2歳娘泣き顔に。
エレベーターホールからじゃ何が巻き起こってるのか分からない&自宅までは音の方へ廊下渡らなきゃ、
で、取り敢えず旦那がこっそりと偵察に行く事になった。
4歳息子も一緒に行きたがったが勿論止めた。


スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: キチ 玄関

鬼畜の極み!自転車で転んだ子供に「とろいんだよ!」とキチママが平手打ち

242: 名無しの心子知らず: 2001/05/05(土) 08:19
今でも印象に残ってる衝撃的事件だったんだけど、
駅前の人通りの多い歩道を、お母さんの自転車、その後ろを
小1くらいの子供の自転車が走ってたのね。

お母さんは「はやくしろよー」とか言いながらさっさと進んでるんだけど
子供の方は人を避けたりしているうちに、タイヤのワイヤー(っていうの?
傘の柄みたいなやつ)に、片足突っ込んで転んじゃったの。

私が慌てて駆け寄ってみたら、パックリザックリ、血がどっさり状態で
大声でお母さんを呼んだの。
そしたら、そのお母さん、子供のほうに引き返してきて

スポンサードリンク


この記事の続きを読む


【キチママ】何度でも~何度でも~何度でも~甚平を壊すよ~♪

274: 名無しの心子知らず: 2012/06/25(月) 16:06:30.52 ID:qrAQ0/Do
10年くらい前、一度だけキチガイママに遭遇した事があるのを思い出した。多少あやふやな部分もあるけど御勘弁。

とある理由でダンボール一杯の手拭いが手に入った。というか押し付けられた。
場所もとるしどうするか?と悩んでいたら図書館で「手拭いで作る小物と子供の和装」みたいなタイトルの本を発見。
さっそく子供に甚平を作って着せていたら、Aさんに褒められた。
最初は面白い柄で素敵ね、くらいの変哲のない賛辞というか世辞みたいな感じだったのが、手作りと知ると態度が変わり遠回しクレクレに変身。
しかし全て「ミシンが無くてもできますよ」「まだ手拭いは余っているんで差し上げますよ」「~図書館の~というタイトルの本ですよ」でスルー。



スポンサードリンク


この記事の続きを読む