現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析
スポンサードリンク
オススメ人気記事

修羅場


浮気相手の家に居ると突然ノックも凸してきた奥

211: 名無しさん@HOME: 2005/08/24(水) 05:12:49
浮気相手の家に突然、奥が乗り込んできた。
俺、既婚子持ち
彼女、独身子持ち
色んな事情あって付き合い始めて2年目のある日、俺が仕事を偽って彼女の家に居ると突然、ノックも無く乗り込んで来たのが奥。 !
以前から髪の毛やキスマーク等で怪しまれていたとはいえ、何で彼女家まで知ってるの?って正直驚いた。
どうやら数日前から探偵雇って内定をしていたらしい。数日前に行ったレストラン、ホテル、持っていた荷物、何でも知ってたよ。
乗り込んできた奥は彼女に不倫の事実を証明する誓約書を書かせて引き上げた。
今でも結婚生活も不倫関係も続いてるけど離婚してくれる気は無いようで…今では1週間を4日家、3日彼女家と分けて二重生活しています。




この記事の続きを読む

タグ: 修羅場 浮気

昔、浮気相手に刺されました。そして今、浮気相手の子供を育ててます。

98: 名無しさん@HOME: 2005/06/12(日) 03:21:44
両親の離婚とかイジメとかそういうのは普通にあったけど
修羅場だったんだなーっていうのは

昔、夫の浮気相手に刺された
相手妊娠してて私の入院先でも暴れて逮捕された
夫土下座したけどこれからどうするとかは何も言わないで
あーだめだコリャってかんじだった。

ドラマみたいに「お前が悪いから息子が浮気した」とか子供いないからでてけとか言われるかと思ったら
いつもキッツイ姑が守ってくれた。夫の弟と姉も味方してくれた。
どういう風に決着したか当時の記憶はあんまりない。




この記事の続きを読む


交通事故で重体になった同僚の持ちものを盗もうとする女 後編


交通事故で重体になった同僚の持ちものを盗もうとする女 前編

225: 202: 2001/08/05(日) 20:57
今産休&育休中なので、事件のファイルが見られない事と、守秘義務があるので
細かくは話せないけど、もう一人非常識な親が。
そのBさんを轢いたのは、生後8ヶ月の子供を持つお母さん。
「横断歩道にさしかかり、交番が見えた時に、『この日に限って』チャイルドシート
をしていない事に気付いた。減点されると思い、黄色信号だったので、加速して
通り過ぎようとした」と警察で証言したらしい。
しかし、交番のお巡りさんの証言は「衝撃音と共に顔を上げると、青信号が点滅していた」
と真っ向から食い違いを見せてたらしい。




この記事の続きを読む

タグ: 同僚

トメ「私のこと馬鹿にしてるでしょ?嫁がそんなんでいいと思ってるの?」 嫁「はい」

656: 名無しさん@HOME: 2005/10/27(木) 19:17:00
今日昼過ぎの修羅場(私的には)

図々しくて性根の曲がったトメと、それに依存しているウト
実の息子(旦那)や親戚にも嫌われてるから2人は私を目がけて頻繁に家にやってくる。
旦那にも「相手にしなくていい」とは言われていたけどいざとなるとハッツキリ言えない私は断れずにいつも嫌な目にあってた
やれ嫁たるものは~だの、人に好かれる人間になるには~だの
どの口が言ってるのかとおもう程の間抜けな発言が続いて私は耐え切れず噴いてしまった。

それを見たウトが怒って「馬鹿にしてるのか!!!」
トメもここぞとばかりに「前から聞きたかったんだけど、あんた私らのこと馬鹿にしてるんでしょ?嫁がそんなんでいいと思ってるの?」
私はもういいかなと思って、「はい」と答えた
トメ大泣き、ウト大暴れ(手当たり次第に物を投げて)
ガラスを一枚割って帰った。
初めての修羅場を体験しました。




この記事の続きを読む


バツイチ同士の再婚。前妻と連れ子の戸籍のことで精神的修羅場

263: 名無しさん@HOME: 2005/09/05(月) 10:50:47
精神的修羅場体験をば・・・。長文スマソ。

バツイチの20歳年上のオッサンと内縁関係だったわけですが・・・。私もバツイチで子連れでした。
まぁ、年齢差はあるけれどそれなりに幸せでした。
旦那には別れた嫁との間に三人の子がいて、三人とも前妻が引き取っておりました。
長女20歳、長男18歳、次男12歳くらいだったと思います。
入籍しなかったのは、この三人の子供達に対する遠慮?みたいなものがあって
お互いの子供達が成人してからでも、のんびりと・・・などと思っておりました。




この記事の続きを読む