現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析
スポンサードリンク
オススメ人気記事

修羅場


私のメイクを無理やり落とした彼氏「ブスじゃなくてよかった」私「ブスだったらどうしてたの?」彼「 蹴 り 飛 ば す か なw 」

264: 恋人は名無しさん 2010/11/04(木) 01:01:02 ID:LrodeUiOO
彼氏の家に遊びに行った。
「お茶持ってくるから待ってて」と彼氏に言われ、携帯で2ちゃんしてたら、
急に後ろから顔を布で、体を腕で押さえこまれた。
もがもが暴れてたら「痛い目にあいたくなきゃ動くなよ」と彼氏に言われ血の気がひいた。
クロロホルムだ!吸い込んだら気絶して、
気絶してる最中に何かされるんだ!と思い、必死で息を止める私。
しめった布で顔をごしごし拭かれた。
メイク落とされた。




この記事の続きを読む


【ウルッとする武勇伝】こういう真面目なお巡りさんによって、市民の安全は守られている!!!

911: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/11(木) 14:31:00.89 ID:Lv4NIPDi
書き込み失礼します。
長いのでいくつかに分けます。
私がしたのではなくて、見たものですが前に住んでいた団地で刃物を使った事件がありました。
それを撃退した鳶たちと警備の女の子の話です。
フェイク有り。
数年前の話です。

当時その団地では改修工事が行われていて、その事件の日は足場の解体をしていました。
私はヒョロガリのおっさんなので、がたいのいい若い鳶のお兄ちゃんたちは少し怖いと思っていましたが、すれ違えば元気のよい挨拶をしてくれる人たちでした。




この記事の続きを読む


【わんこの武勇伝!】変質者に襲われた私の悲鳴…人には聞こえなかったみたいだけど、犬が気付いてくれた!

533: おさかなくわえた名無しさん 2013/02/28(木) 01:43:17.84 ID:VNo2m8n1
ぶった切り&長文失礼します。

十代の頃、留学していた時の修羅場。
大学寮だったんだけど、そこにはイカツイ顔の管理人さんと
イカツイ顔の管理人愛犬がいた。
愛犬はガゼルという名のシェパード。

入寮した日に管理人さんから「彼(ガゼル)の好物は日本人女性」
とか真面目な顔で言われてビビったけど、まぁそれは管理人さんのジョークで、
ガゼルは吠えも噛みもしない良い子でした。




この記事の続きを読む


【恋は盲目】結婚前の挨拶でとんでもないマザコンっぷりを見せた姉の彼氏。それでも周囲の大反対を押し切り結婚した姉・・・

922: 名無しさん@HOME 2010/11/24(水) 18:03:53 0
姉の結婚が決まって、両家の家族の紹介を兼ねた食事会での出来事。
参加者は姉・両親・私と姉の彼氏・彼氏母。
彼氏父は既に他界されていて兄弟もなく、母一人子一人のご家庭だった。
姉から常々「彼氏がマザコンぽい」という話は聞いていたけど、母子二人で
暮らしてたんだからお互いが大事でも当たり前かな、と姉自身も私たちも思っていた。

食事会が始まろうかという時。
料亭の個室に全員が揃い、姉彼氏が最初のあいさつをしようと立ち上がった。
すると、
「あらやだまー君(姉彼氏)!シャツがはみ出てるじゃない!!」
彼氏母の大声。どうやらワイシャツのすそがズボンから出ていたのを見つけたらしい。
「え?うそ、恥ずかしいよママ直して」
「仕方ないわね、まー君こっちいらっしゃい」
まー君は畳に座っているママの前に仁王立ちした。
するとママはまー君のベルトを外し、一気にズボンを引きおろした。




この記事の続きを読む


【泣ける修羅場】9歳のときに両親を事故で亡くした。新しい両親は…父24歳、母21歳

938: 名無しさん@HOME 2013/06/10(月) 19:12:31.12 0
両親が事故で亡くなったこと。
もう9歳だったのに、ぼんやりとしか覚えていません。泣いていた記憶はあります。

あずけられた先で黙殺されたこと。
話しかけてもらえない。笑ってももらえませんでした。
優しく構ってもらえるのが普通だと思っていたので、どうしたらいいか分かりませんでした。
こっちはよく覚えています。

これがわたしの最大の修羅場です。
次は同時に周囲でおこった修羅場?です。

親戚「私子どうする」「イラネ」「困る」「迷惑」「なら叔父にまかせたら?」
叔父は実父の弟で、当時24歳会社員独身。家によくやって来ては私子とも遊んでくれていました。
「無理に決まってます」と様子見に来た叔父に「おにーちゃん(そう呼んでた)」と私子がすがりつき
叔父「わたしが育てます」

親戚「若過ぎね?」「男手だけでは」「いやらしいよね」「無理かも」
叔父「おまえら人に押し付けて梯子外すのはやめろ」
親戚「なら任すか」「でも男手だけじゃ」(無限ループで揉める)

叔父彼女は当時21歳。他県の大学で4年生でした。
彼女「事情は聞かせてもらった。内定蹴ってそっち行って結婚するわ。これで解決でしょ」
叔父「それは無謀で短慮だ。22歳でいきなり10歳の子持ちとか正気じゃない。絶対だめ、無理。むしろ別れてくれ」
彼女「25歳で10歳の子持ちもないわよ。まず私子ちゃんが大事でしょ。誰かがやらなきゃ」
彼女両親「絶対に許しません。将来を捨てるんじゃない。叔父くんと別れなさい」
親戚「これはいい人身御供」「とおといぎせいはわすれない(棒)」「応援します(他人事)」




この記事の続きを読む