現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析

スポンサーリンク

オススメ人気記事

修羅場


隣の部屋から大きな音と怒鳴り声。恐る恐る聞き耳を立てると・・・

142: 名無しさん@HOME: 2005/06/29(水) 12:20:59
学生時代の最後に住んだ安アパートの隣の部屋のお姉さんは
私が帰る頃ご出勤される様子から水系のお仕事と思われ、
階段で酔っぱらって寝ちゃってることもありました。

時々、薄い壁越しに男の人の怒声、鈍いぼごっという音、
女の人の金切り声が聞こえたりして、そりゃあ怖かったのものです。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

  スポンサードリンク

タグ: 修羅場 隣人

母の交際相手が家に襲来「いるのはわかってるんだ」母は包丁を持ち出し応戦

※タイトルを修正致しました。 ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

138: 名無しさん@HOME: 2005/06/29(水) 01:29:58
ちょうど二十うん年前の今頃、私が遭遇した最大の修羅場がありました。

うちは母子家庭で、母は留守がち、かぎっこの私は留守番慣れしていました。
その日も夜10時すぎくらいまでひとりでいて、そろそろお風呂にしようかなー
と思っていたところ、ばたばたっと外廊下を走る音、ドアノブに鍵を差し込む音
がしたかと思うと母が帰宅し、あわてるように鍵をかけてドアチェーンをおろしま
した。そして、家じゅうの窓の鍵を閉めて電気を消すように私に言ったと思うと、

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: 修羅場 浮気

買い出しに行った時、女性の金切り声が!「誰の子供、堕ろしたと思ってんのよぉぉぉ!」

135: 127: 2005/06/29(水) 00:17:22
遅くなりました。すみません。家族を空港まで送って、今、帰ってきました。

修羅場に追いかけられたというのは、ちょうど十年前の夏のことです。
友人が、実家から缶ビールを一箱もらってきたため、急遽、酒盛りが下宿先で企画されました。
私と別の友人が、つまみの材料を調達するため、閉店間際になると投げ売り状態になる近所のスーパーへと買い出しに出向いたのです。
てくてく歩いていたら、蜂の羽音のような音が聞こえてきました。
それが女性の金切り声だと判ったのは、以下の言葉が轟いたからです。
「誰の子供、堕ろしたと思ってんのよぉぉぉぉぉ!」

スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: 修羅場

浮気した彼をボコボコにしようとしたら猟銃で反撃された

220: 名無しさん@HOME: 2005/08/24(水) 13:45:08
元彼の家は、離れ。だからいつでも行ける。
怪しいと女の直感で、夜中に行って見ると。
やはり女のサンダルが置いてあった。

サンダルを隣の川に捨てて、連れの男に
ぼっこにしてもらう計画だった。

川に呼び出したら、相手は危険を察知。
ポルシェのトランクに掛けよりごそごそ。

ライフルを持ち出してきた。
以前、タマが入っていて私にも見せてくれた。
も~田舎の道路を走ったよ!
足ががくがくになって、走れなくなって家の門の所に
隠れたけど、息が荒くてすぐにばれてしまって・・
でも私は見逃してくれた、すぐに連れの男を探しに
行った。ほっんと修羅場。

なんとか車に乗って、逃げたんだけど、
川に向かって、ライフル撃ってたよ。
響いてた・・・・・・・・・・



スポンサードリンク


この記事の続きを読む

タグ: 修羅場

【修羅場】旦那「パパ~僕チャン車がほしいのぉ~」 → 父が激怒!

580: 名無しさん@HOME: 2005/10/19(水) 20:49:03
五年くらい前の話だけど、友人が結婚することになり、皆でお祝いしたときの事
友人・その旦那になる人と両家の両親も来て食事したんだけど
その旦那になる人が酒入って豹変

「僕チャンね~このお店をねぇ~建てたのぉ~(足場を組んだだけ)
○チャ~ン(友人)頭なでなでして褒めてよぉ~」って

友人も友人の両親も、周りにいた私達も “ドン引き”

しまいに友人のお父さんに「もぅ今日からパパって呼んじゃうよ~ん
あのねぇ~パパア~僕チャン車がほしいのぉ~買ってくれるよねぇ~」って
絡み始めた→友人は必死に止める→友人父が激怒して男を突き飛ばした
(どついた)→それ見てその男の両親が激怒→両家で罵り合い→友人大泣き

言うまでも無く破談になったよ。

今、友人は「あんな男と結婚しなくて良かった」と言ってる。

スポンサードリンク


この記事の続きを読む