現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析
スポンサードリンク
オススメ人気記事

熟女


彼『もしもし、ハイ?まあ、そうですけど、待ってください』すると、私に『スピーカーフォンにして会話が聴こえるようにするから、音を立てるなよ』私「うん?」 → 結果・・・

868: 1 ◆1h/4WzJUz2 2011/06/12(日) 08:03:28.16 ID:Ah1MSrv/0
私の体験した修羅場
長くなりますが、読んでください。

デフォは多少してます。



登場人物 カッコ内は年齢です。
私 (20代)
女 学生 趣味を通じて服助に出*い、色々あって付合う。ブス(顔面偏差値40くらい)。
服助(30代)
男性 社会人 趣味を通じて私子と出会う。服飾関係の仕事をしている。イケメンだが、ブス専。
母子
熟女 服助の開いたオフ会参加者 夫も子供もいる。
毒子
熟女 服助の開いたオフ会参加者 ネガティブ。


この記事の続きを読む


【熟女ハーレム】奥さんの入院中に、旦那さんのもとへ数人の熟女が出入りしている!?『奥さんが氏んだから私と同棲してね♪』という手紙まであり・・・

22: 恋人は名無しさん 2009/08/09(日) 19:58:58 ID:/682BFTU0
私子:隣人
あ子:若い。儚げな印象、というか実際に病弱らしい。
あ男:三十路すぎ?帰るのは毎日深夜。
い子・う子・え子・お子・か子・き子etc:どう若く見ても50代、下手したら60代かも。あ男と同じ会社の人?

私子は隣人といっても、部屋を行き来するわけでもなく、あ子夫妻とたまに世間話をするような仲。
そんな私子でもわかるくらい、あ子がげっそりしてきていたので、ちょっと心配ではあった。

そして一か月前、アパートの廊下で血を吐いて、救急車出動。
たまたま通りかかった私子が付き添いとして病院まで行くこととなる。



この記事の続きを読む