現在読まれている記事
Pick Up記事
スポンサードリンク
最新記事|∀・)チラッ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
記事検索
カテゴリー(ฅ`ω´ฅ)
アーカイブ
スポンサーリンク

逆アクセス解析
スポンサードリンク
オススメ人気記事

職場


【なれそめ】 入社直前に失恋し、仕事に身が入らない俺。先輩だった嫁は「こいつ元気もやる気もない、ダメじゃん」と思っていたらしい

722: いち 2010/06/09(水) 23:21:36

んじゃ俺の話でも聞いてくれ。長くてすまん。

新卒で入った会社の配属先の部署(事務系)の先輩が嫁だった。
年齢は嫁が1個上だけど、短大卒で入社してたんで3年先輩。仕事はバッチリで、同期入社で最初に
主任になった。
俺は入社して4月一杯新人研修。5月1日に配属されたが、たぶん人生で一番へこんでいる時期だった。
というのも、俺は九州の田舎の駅弁大卒なんだが、2年半付き合って結婚も考えていた彼女に、
上京する間際に振られていたから。

この記事の続きを読む


【後編】本性マジキチの彼氏から逃げたいけど、みんな人気者な彼氏の味方をしそうで怖い

関連記事:【前編】本性マジキチの彼氏から逃げたいけど、みんな人気者な彼氏の味方をしそうで怖い

758: 恋人は名無しさん 2011/12/06(火) 15:32:27 ID:QcTV/VSm0
かなり前の話なので覚えて下さってる方は少ないと思いますが
修羅場スレ110の315です。
会社の明るい人気者な彼の実家にお邪魔したら
彼のお母様が彼の靴までそろえているのを見てドンビキしてしまい
その後彼を拒んだらドアにハンバーガーをなすりつけられた
ところまで書いたと思います。
それが半年前の話です。

あのあと逃げるように引越しし
会社ではなるべく彼と二人きりにならないようにして
話し合いも人目のあるファミレスなどで行いました。
彼はどうしても私と別れたくないと言い、
私は「自信がなくなった。私はあなたにふさわしくない。もっとあなたを立ててあげられる
立派な女性があなたには似合っている」
と、なるべく彼を誉める?かたちで別れを要求。
2ヶ月ほど平行線をたどりました。

761: 恋人は名無しさん 2011/12/06(火) 15:37:16 ID:FyisYb9k0
>>758
覚えてるよー
支援

この記事の続きを読む


【前編】本性マジキチの彼氏から逃げたいけど、みんな人気者な彼氏の味方をしそうで怖い

関連記事:【後編】本性マジキチの彼氏から逃げたいけど、みんな人気者な彼氏の味方をしそうで怖い

315: 恋人は名無しさん 2011/06/23(木) 19:27:55.48 ID:zv80p0UH0
週末にあった話。

私と彼は職場で知り合い(部署は別)、1年半つきあって
彼氏が「親に紹介したい」というので喜んで彼実家に行った。

彼はすごく快活で明るくて、職場の人気者タイプ。
私は同期の子とのみ仲がいい、普通~地味タイプ。
彼実家に行く前、
「おしゃべりな母親と、実家住まいの無口な兄(長男)がいる」ということは聞いていて
「うちのおかん、おしゃべりだから、引いたらごめんなー」と言われていた。

当日、彼はすでに前日に実家入りしてたので
私は自分の車でナビ通りに彼の家へ向かった。

この記事の続きを読む


【修羅場】俺をかばってくれた彼女を殴ったC男「ぼ、僕は悪くない!彼女ちゃんが勝手に入ってきたんだよ!」

473: 473 2009/09/18(金) 03:12:36 ID:TrGc2ngx0
2chで初めて書き込むスレがここになるとは。

俺 20(専門)
彼女 20(医学生)
B子 21(フリーター)
C男 23(フリーター)

全員バイト先の仲間(飲食系)。
俺と彼女は付き合って1年半、そして八ヶ月ぐらい前から同棲中。
マンネリな雰囲気は前々から匂ってきてはいるものの、お互い協力しながら
時には喧嘩をしつつ、まあそれなりに幸せにしているつもり。 


だが、冷やかしとかは二人とも鬱陶しがる性格からか
交際はバイト先には秘密。それがだめだったのかもしれない。

この記事の続きを読む


勘違い男「君の写真を母親に見せたらすごく気にいって、是非つれておいでって。俺も今後のこととか話し合いたい。」 私 ( ゚д゚) え?何?何の話?

106: おさかなくわえた名無しさん 2012/08/21 21:16:57 ID:lvKG2EQ7
私も勘違い話投下。昔の話だけど。

当時19歳で会社勤めだったときの話。
そのときの上司(男・35歳・眼鏡・ハゲ・デブ・見た目40後半)が非常に鬱陶しかった(以下Fとします)。

このF、自分の学歴を鼻にかけ、自慢話と嫌味が大変多かった。そして話すこともかなり痛かった。(例:「まあこれくらいできて当然じゃない?俺としてはもっと難しい仕事じゃないとやりがいがないなぁ」等)
そのため社内の人間からはあまり人気はなかった。しかし仕事はそれなりに出来たので更に上の人間からは評価は良かった。
私を含め同僚の女子陣も関わるのが面倒くさかったし、嫌味を言われるのも嫌だった為、皆で適当に相槌うったり、やんわりスルーしてた。

この記事の続きを読む